キャリアコンサルティング協議会は国家資格「キャリアコンサルタント」の試験機関および指定登録機関と、国家検定「1級・2級キャリアコンサルティング技能検定」の指定試験機関です。

マンスリーコラム

2018年8月号

「 キャリアコンサルティングは『役に立つ』のか? 」 Vol.8

これまで弊会メルマガや会報等で多くのキャリアコンサルタントや企業のキャリア開発支援の現場を取材してきた矢代氏が月刊「人事実務」に連載している「キャリアコンサルティングは『役に立つ』のか?」のバックナンバーを編集部のご厚意により転載させていただいております(毎月15日に更新)。 

◇ 筆者からのメッセージ◇

「月刊"人事実務"誌の読者向けに、キャリアコンサルティングについて、外部の目から解説しているようなコンテンツがあれば」そんな編集部の思いに導かれて、今回の連載企画を考え始めました。あえてハードルの高いタイトルを冠して、「キャリアコンサルティングと企業の関係について、どこまで深く考えることができるか」をテーマに旅は始まりました。人事の方々、キャリアコンサルタントの皆様、そして私自身が、共に学ぶための一粒の種になればと考えています。

協力:株式会社 産労総合研究所 月刊「人事実務」編集部 https://www.e-sanro.net/magazine_jinji/jinjijitsumu/

矢代 貴史(やしろ たかし)

大学卒業後、1980年代から新卒採用PR企業にAE(アカウントエクゼクティブ=営業+制作担当)として勤務。90年から現在まで、フリーランスとして多様な業界、規模の企業の採用にかかわり、戦略策定、システム企画、コンテンツ制作、地域活性化などに従事。
2014年からキャリアコンサルティング協議会でキャリアコンサルタントの方々への支援の企画、調査、コンテンツ制作に従事。

コラムの感想等はこちらまで(協議会 編集担当)


マンスリーコラム一覧へ戻る